竹本容器について

皆さんこんばんは。
昨日一昨日と運動しすぎたせいか、仕事終わりの疲労感が強いです。

さて、タイトルの件について。
先日購入した竹本容器の調査をしてみました。

1.業務内容について
竹本容器は、樹脂やガラス製容器の製造販売をしており、「日本と世界の器文化に貢献する」という想いがあるようです。

いくつか容器を見てみましたが、化粧品などでよく見かける容器で、需要はかなり高そうに思います。
年率10%程度の成長しており、中国を中心とした海外売り上げも伸ばしている最中のようです。

2.一部鞍替えの可能性について
竹本容器は東証2部銘柄で、今月優待新設とともに立会外分売の実施を発表しました。
直近の四季報では株主は1800人、立会外分売の売り出しは1000単元分で1人2単元までです。
つまり、買い増しの方を除けば500人株主が増加し、東証1部の昇格要件を満たします。

売り出し数から考えて東証1部昇格を目的している事は明らかであり、一部鞍替えを期待できそうです。

3.ネガティヴなポイントについて
反対にネガティヴな点を挙げると、金型製作のために費用がかかる点です。
樹脂成形品は、例え小さな製品だとしても、高価な金型が必要になります。
会社の説明によると、数百万円だそうです。

竹本容器は客先の要望を反映して金型から製作するカスタムボトルと、自社で金型を保有し、汎用品として販売しているスタンダードボトルがあります。
スタンダードボトルは自社で金型費用を負担するため、製品の売値を高くしていると思われます。
初期投資がかかるものの、金型の償却さえ終わってしまえば、利益率の高い製品となります。
ただし、金型製作したものの数量が流れなければ、金型費用をペイすることができないリスクがあります。

竹本容器は優良企業だとは思いますが、投資CFに少々難があると思います。
14年度
営業CF 1506
投資CF -1152
15年度
営業CF 1425
投資CF -1774

特に最近は設備投資(金型や工場)を多くしており、CFマイナスとなっています。
優良な企業だとは思いますが、投資する場合はCFに注視していく必要があると思います。

この記事のまとめ:
・需要の高い容器を製造
・成長率は年10%程度
・金型製作に費用がかかるため、CFには注意が必要

B to Cは苦手

皆さんお疲れ様です。
最近、投資界隈はPCデポの件で持ちきりですね。
正確な事実が不明なため、内容については言及致しません。
ただ、PCデポの契約のさせ方に問題があったようですが、消費者側の行動にも問題があると考えています。

PCデポの件とも繋がりがあるため、日本の消費者の問題点について説明したいと思います。

1.日本の消費者の要求
日本の消費者の要求が異常に高いことが挙げられます。
通常、安価で過剰なサービスを提供することは出来ません。
良いサービスを提供するためにはコストがかかるものです。

それを無視して価格を押し下げるとどうなるか?
コスト削減を名目に従業員の給与が下がることになります。
そして、給与が下がると購買意欲が下がり、さらに価格を押し下げようとすると悪循環が発生します。

2.止まらないバッドスパイラル
給与下落の結果、お金は回らなくなり、内需経済は悪化します。

また、安価なサービスは従業員に無用なストレスを与えることとなります。
そのストレスを受けた従業員もまた一消費者であるため、消費者として店に行く時にはストレスを解消するために過剰なサービスを要求するでしょう。
おもてなしと言うと聞こえは良いですが、過剰なサービスは高級店に限った方が幸せな国に近づくと思います。
このようなバッドスパイラルは、私の望むものではありません。

なので、過剰な安さを提供する企業への投資は、私の考え方に反してしまいます。
B to C企業への投資は、商品+サービスと価格が適切であるか考える必要があるため、個人的にとても難しいと感じます。
また、B to Cの「急」成長企業は業績が不安定で、長期投資には向かないと思います。

この記事のまとめ:
・過剰なサービスがお金とストレスのバッドスパイラルを生む
・「急」成長するB to C企業は長期投資には向かない

奨学金と金融リテラシーについて

皆さんお疲れ様です。
今日は暑さがひどく、エアコンの効いたフロアだと言うのに頭がボーッとしてしまうほどでした。
四季は良いものですが、昔から夏だけはどうにも慣れません^_^;

さて、タイトルの件について。
私には結婚を考えている相手がいるのですが、最近お金の話をしていて驚いたことがあります。
奨学金という名のヘビーな負債があることが分かったのです。

1.奨学金の内容について
私大で4年間給付を受けており、総額は650万ほど。
奨学金は1種、2種があり、2種は年3%の利息がつきます。
私は奨学金を借りていなかったので、年利3%も取るとは思いも寄らなかったです。

2.免除方法を調べた結果
返還免除や利息の減額などを調べたところ、返還免除は無いですが、無利息にする方法は見つかりました。
それは支払い猶予の申請です。

年収300万以下が目安で支払い猶予の申請ができ、猶予期間中は利息がかかりません。
この制度を利用すれば、実質利息をゼロにすることができます。

毎年申請する必要がありますが、元金300万だと3%は9万円です。
返済分を貯蓄して繰上げ返済していけば、バカにならない差が出てくるはずです。

3.どのポイントで金融リテラシーの差が生まれるのか
私は奨学金に利息がかかると聞いた瞬間に、免除申請ができるのでは?
と予想することが出来ました。
あとは、調べて実行の流れです。

金融リテラシーという言葉がありますが、これは上記のような「当たりを付けて行動する力」なのでは無いかと思います。
投資においても、この企業は今後も成長するのではないかと当たりをつけて調べることで、優良企業を引き当てることができます。
不幸な人が出ないように、金融リテラシーは義務教育に入れて欲しいものです。

この記事のまとめ:
・第2種奨学金では年3%もの利息がかかる
・支払い猶予申請をする事で、実質的に利息をゼロにできる。
・金融リテラシーは「当たりを付けて行動する力」

狙うは優良株

皆さんこんにちは^_^
どうも体が鈍っているので、今日は色々と出歩こうと考えています。

昨日久しぶりにピーターリンチの「株で勝つ」を読み返していました。
ピーターリンチはこの本の中で、各企業は6つに分類できると説明しており、今日はこの分類について考察したいと思います。

1.ピーターリンチとはどんな人か
ピーターリンチはアメリカの投資信託マゼランファンドを資産2000万ドルから140億ドルの巨大ファンドに変貌させたファンドマネージャーです。
上場企業に直接出向き、トップと話し合ったり、店を訪れて直接観察することを重視するタイプの投資家です。
聞き込みを徹底する刑事のようなイメージですね。
企業業績の裏を取るのはバフェットも同様です。
ですが、永続的に収益性の高い企業を狙うバフェットに対し、ピーターリンチはどんな企業でも買います。

2.企業は6つに分類できる
ピーターリンチは著書、株で勝つの中で、各企業の株式は以下の6つに分類できるとしています。
低成長株、優良株、急成長株、市況関連株、業績回復株、資産株

・低成長株は年2〜4%程度の成長率
・優良株はそれなりの大きな企業ではあるものの、年率10〜12%の成長率
例としてはコカコーラがあります。
・急成長株は年に20〜25%の成長率
・市況関連株は自動車や鉄鋼などの景気と売上が連動するもの
・業績回復株は業績不振から立ち直った企業
・資産株は、時価総額に対して大きな資産を持っている企業
ピーターリンチは低成長株を除いて他の全てを買いにいきますが、最も好むのは急成長株です。

3.私の選ぶ投資対象
結論から言うと日本株の長期投資家は優良株に投資するのがベストだと思います。
消去法で説明していきます。

まず、市況関連株については景気につられて上下するため、長期投資にはあまり向きません。
業績回復株については、倒産リスクがあるため、あまりオススメしません。
リターンも大当たり以外は微妙なため、割が合わないかと思います。
大当たりの例としては、JINSやラオックスがそうです。

資産株については、十分な調査結果が得られれば有効です。
ですが、日本の場合、資産価値は地価に大きく影響されます。
日本の地価は、砂上の楼閣のように一気に変動する可能性があるため、難易度は高いと思います。

さて、あとは残りの3つの低成長株、優良株、急成長株についてです。
低成長株は期待リターンが少ないので避けましょう。

そして、急成長株は期待リターンは著しく高いです。
ですが、20%成長が10%成長に変わると大きく売られます。
正直なところ、日本はマーケットが狭いため、急成長を維持し続けるのは困難で、無理があると思っています。
もちろん、1年程度の短期間であれば大いにリターンを得られることがあります。
ですが、上がるか下がるかのファクターが強く、兼業投資家にはあまり向いていないと思っています。

そのため、年率10〜12%成長の企業に投資するのが、日本株の長期投資家には向いているのではないかと思っています。
年率10〜12%成長ならば日本にも結構あるため、これらの事業を調査して分散投資すれば安定的なリターンが期待できます。

この記事のまとめ:
・企業は6つに分類する事ができる。
・マーケットの狭い日本では急成長株はリスキー
・優良株(年率10〜12%成長)へ投資する事で安定したリターンが見込める。

ハードオフについて

皆さんこんにちは
連日猛暑が続いていますね。
私は今週がお盆休みだったのですが、長かったようで早い1週間でした。

本日ハードオフが指値に刺さって購入となりました。
ハードオフは、リユース事業をしています。
ハードオフ、オフハウス、リカーオフ、などのリユース店を直営およびフランチャイズ展開しています。
なお、ブックオフ店舗も所有しているのですが、ブックオフは別会社です。
コンビニオーナーと同じように、ブランドを借りて運営しています。

1. ハードオフの購入理由
購入した理由としては、以下の3つがあります。

①想いがしっかりしている。
   社長メッセージ:エコロジーの時代、リユースを通して社会のお役に立ちたい。
②中期目標があり、実現可能性が高いと思う。
   2020年度に1000店舗、2030年度に1500店舗
   今年の1Qは826店舗
③株価指標が割安
   PER10倍割れ、配当利回りが3%越え

2.競合先に負けずに成長できるか
リユースは私もよく利用しますし、安定成長の見込める分野だと思います。

競合は出ると思いますが、同一商品を扱わない限りは価格破壊は起きにくいです。
反対にスマホやデジカメといった同一商品をターゲットとすると、買取価格・販売価格で競合する可能性は高いと思います。

何度かハードオフに行ったのですが、訳の分からないものを売っています。
特に音響やパソコン関係では、ジャンク品まで売っており、昔のアキバっぽい感じがします。
こんなもので、競合する可能性はゼロに等しいと思います。

ちなみに、ジャンク品を品定めする人が結構おり、常連化してるのではないかと想像しています。=固定客の確保につながる。

3.蛇足「なんでこんなに下がってるんだろう?」
リユース系の企業の株価が軒並み下がっています。
例、トレジャー・ファクトリー、コメ兵、シュッピン
コメ兵とシュッピンに関しては、高価格帯商品がメインなので、インバウンドの減衰により、業績が失速しています。
トレジャー・ファクトリーやハードオフも同じだと思われて、売られているのでは、と予想しています。
以上の理由から、ハードオフを購入しました。
配当金もかなり多いので、今後が楽しみです。

ブログ移転

皆さん、こんにちは^_^
初めましての方は初めまして。
本ブログ「Grow rich slowly」へようこそ。

私は中長期投資による資産形成を進めており、その投資過程や企業調査した内容をブログとしてまとめたいと思います。

また、投資スタンスに賛同いただき、日本を支える投資家が増えてくれると嬉しいなとも思っております。

アメブロからの移転理由について
これまでアメブロにて同名のブログ「Grow rich slowly」を書いており、アメンバーや相互読者とのやりとりを楽しんでおりました。

ですが、地合いの悪化に伴ってブログ更新の途絶える方も増え、「やりとり」というアメブロのメリットをほとんど感じなくなってしまいました。

アメブロはシステムが不安定な部分も多いため、bloggerへと移転した次第です。