長期投資向きの企業

皆さんこんばんは^_^
台風が来てから、急に寒くなってきましたね。
体調管理に注意しなくては。

今回はどのような企業が長期投資に向いているか、について説明しようと思います。
長期投資に向いているのは安定的に利益を上げている企業です。
当たり前の話ですが、抽象的で分かりにくいですよね。

具体的にどんな企業なのか
それは、昔からのヒット商品を持っている企業です。
特にポテトチップスなどがイメージしやすいと思いますが、
カルビー、コイケヤ、山芳製菓など、各社ヒット商品を持っています。

ですが、今ヒットした訳ではありません。
だいぶ昔にホームランを飛ばし、それが今や安打製造機となっている訳です。
ホームランを出した時はその次の年に売れるか不明です。
ところが、これが安打製造機となれば次の年もこれくらいは売れるだろうと予想が出来ます。

そのため、ホームランを出してから時が経ち、安打製造機となっている企業が長期投資に向いています。
また、株価についてもホームランを出した年は割高ですが、安打製造機となる頃にはほどほどのところに落ち着いているでしょう。

このヒット商品は、サービスや販売システムなどにも置き換えることができます。
つまり、安打製造機となっているビジネスを持っている企業が長期投資向きだということになります。
反対に、ホームランを出したばかりの企業は危険なので手出し無用だと思います。

この記事のまとめ:
・ホームラン商品(ビジネス)を出したばかりの企業は危険
・ホームラン商品が安打製造機となったタイミングが投資に適している。

0 件のコメント:

コメントを投稿