分散投資のメリット

皆さんこんばんは^_^
今週は多忙でしたが、無事納期をクリアしました。
月曜は有給取得したので、週末を楽しもうと思います。

さて、タイトルの件について。
私は投資戦略の発想法の考え方に共感しており、20銘柄以上のPFを構成する予定です。
(現在は10銘柄)



この本では、個別銘柄の特有要因の影響無視するために20銘柄以上に分散することを推奨しています。

しかし、その他に以下2つの精神的なメリットがあるなと考えています。


1.確証のない銘柄も組み込める
集中投資していた時は、資金ウェイトが大きいため、少しでも不安が残ると全く購入することが出来ませんでした。

多数の銘柄を持てば、多少の不安が残っても、その内の数銘柄はうまくいき、数銘柄はうまくいかず、リターンはまずまずとなります。

私は慎重派のため、集中投資のままでは、システム情報やBS11、エムケイシステムなどの、購入は難しかったと思います。
ちなみに、BS11は権利落ちもあり軟調です。



2.株価を気にしなくて済む
集中投資していると、株価が大きく変動した時はなかなか落ち着いていられません。

ですが、保有銘柄のウェイトが小さければあまり気にせずに済みます。


今日は保有銘柄のソーバルが増収営業減益の2Q決算と自社株買いのIRを出していますが、保有ウェイトも低いのであまり気になりません。



さすがに10銘柄も保有すると、欲しい企業が見つからなくなってきますが、ゆっくり買い進めたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿