バイ&ホールド戦略について

皆さんこんばんは。
週末のひと時いかがお過ごしですか?

僕の方は心地良い疲労感に包まれています。
休日に疲れるのは不思議ですが、楽しいと悪い感じはしません。


さて、タイトルの件について。
私は配当が増える企業を狙っているため、インカムゲインを活かすために長期投資を掲げています。

ただ、キャピタルゲインによる収益も大きくリターンに貢献するため、株価が上がってきたらどうするかについて考えていました。

以前のブログで3倍以上になったら手放すのもアリ、と結論付けましたが、今回しっくりくる理由が思い浮かびました。

それは、株価でなく業績での判断です。

業績が良い限り、割高であろうと際限なく上がってしまうのが株価というものです。

そのため、株価に関わらず、業績に陰りが無ければホールドし、問題が浮かび上がってくれば売却することにしようと思います。

株価と比べて、とてもシンプルですし、業績判断は自分の得意分野のため、納得のいく判断が出来そうです。


私と同じように業績判断の得意な方は、業績の先行きを目線に保持・売却の判断をしてはいかがでしょうか。

これで悩みの種が減って、ぐっすり眠れそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿