ハイマックスについて

皆さんおはようございます。
日曜日をいかがお過ごしですか?
僕は、昨日今後を左右する重要な話がまとまったため、かなり解放的な気分になっています。

さて、本日は最近購入したハイマックスというSI企業について説明したいと思います。
ハイマックスは独立系のSIで、金融、保険、流通、クレジットカードが主体です。

1.業績について


 

 

 

 

(ハイマックスHPより引用)

業績がかなり安定的に推移しているのが見て取れると思います。
yahooファイナンスでは、さらに過去の情報も見れるのですが、リーマンショック後も売り上げは変わらず、純利益もさしたる影響を受けていません。

そして、近年はシステム分野のパイの拡大に乗って、成長しているイメージです。
2Qの決算説明会資料を確認すると、証券、クレジット、流通、その他に属するコンビニ向けが伸びているようです。


2.中長期計画について
2016〜2022年の中長期計画が、個人的にかなり気に入っています。

事業拡大、生産革新、社内改革の3点の項目分類なのですが、2Qの決算説明会資料を見ると、2Qの事業の数値も含まれており、かなり現実的なイメージが湧きます。
社内改革の中に残業時間の削減が入っているのも好ましいかな、と思います。

中長期計画については、今後も決算毎に確認して知恵をつけていこうと思います。


3.投資を決めた理由
最終的な購入判断としては、これほど安定事業を持った企業が割安なバリュエーションで買えるのは魅力的、だということに尽きます。

システム分野に関しては専門外なので分散投資を余儀なくされていますが、保有3銘柄(システム情報、ソーバル、ハイマックス)の中で、伸び代が一番大きいのはハイマックスの気がします。

こういう出会いがあるので、四季報の通読は止められないですね。


この記事のまとめ:
・業績は安定的に成長
・2016~2022年の中長期計画には現実性あり

0 件のコメント:

コメントを投稿