PERと配当利回りの関係性

皆さんこんばんは。
本日はPERと配当利回りの関係性についてです。

PERと配当利回りには関係性があり、実はもうある項目を入れると
綺麗な数式が出てきます。
その項目が何かと、PERと配当利回りから何が見えてくるかを説明して
いきたいと思います。

1.計算式で考えてみる
まず、PERと配当利回りのそれぞれを時価総額を用いて表していきます。
PER=株価/EPS
配当利回り=配当/株価


この二つを株価を基準にしてみると、次の式に変わります。
株価=EPS*PER
株価=配当/配当利回り


代入によって二つの式から株価を消し、式を整理すると、
EPS*PER=配当/配当利回り
        ↓
配当/EPS=配当利回り*PER

ここで着目して欲しいのは式の左側です。
配当を一株利益であるEPSで割ったら、配当性向となりますよね。
つまり、配当性向=配当利回り*PERとなるのです!
最初に話したある項目とは配当性向の事なのです。

2.計算式から言えること
先ほどの式を配当利回りを基準にしてみると、
配当利回り=配当性向/PERとなります。

つまり、配当利回りが良い企業というのは、
配当性向が高いかPERが低いのです。

私ならばPERが低く配当利回りが良い銘柄を選びます。
なぜならば、配当性向が低いという事は企業が増配余地を残していると
考えられるためです。
そして、企業が成長期から安定期に入ると配当性向を引き上げ、
PERの改善の恩恵も受けることができます。

この記事のまとめ:
・配当利回り=配当性向/PER
・PERが低く配当利回りが良い=増配余地を残している。

0 件のコメント:

コメントを投稿