ラクして儲けられる事が大事

皆さんこんばんは。
本日はラクに儲ける事の重要性について説明します。


1.分からないモノには手を出さない
私は投資対象として、ETFとIPOへの公募は避けています。
その理由はETFは内容が複雑で理解が難しいため、IPOは適正PERの
判断が難しいためです。


それに比べ、個別株投資は企業の業績や配当が今後上がっていくか、
業態や成長率から考えてバリューエーションが割安かどうかを判断するだけで済みます。


ETFへの投資をメインとしている人の目線だと、個別株投資なんて企業分析が
大変で難しいと思われるかもしれません。


ですが、私の目線でいう企業分析は比較的”容易”にできます。(ただし、自分の理解できない業態は避けます)
そして、ETFに関してはどのような企業が組み入れされるか、価格がどのように決まるか
分からないため理解する事は”大変”な事になります。
そのため、ETFは何度か買いましたが、微損や微益で撤退しています。
ETFの価格設定の理由を知るために調べましたが、ほとんど工数のムダに終わっています。


別に、ETFやIPOの公募をするなと言っているわけではありません。


ETFの理解が得意な人はETFを、IPOの公募が得意な人はIPOを、個別株が得意な人は個別株を。
自分の得意な分野に専念すべきというのが結論です。
自分の理解できない分野をムリに理解するのでなく、これなら分かりそうだと思えるものに対し
投資することが、結果的に投資手法の確立や利益の安定化につながっていくと思います。


これが私の考える「投資でラクをする」ことです。


2.カネカネモードにならない
さて、ここからは余談です。


実は最近、これから日経平均は下落するだろうと判断し、インバース系ETFを購入してしまいました。
すると、どういうわけか何でも良いから儲けたいと思うと無限な欲が出てきてしまいました。
例えば、これまで避けてきた貸し株や微妙なタイミングでの個別株購入などです。


おそらく、私だけの話だと思うのですが、自分の理解できない内容にお金を投じると、
ギャンブル的な事をしたくなってたまらなくなるのだと思います。


下記の占いサイトをよく見ていたのですが、
私は「ハイリターンの金融商品に興味を示しますが失敗することが多いようです。」という結果が出ています。
おそらく、個別株投資は実力に応じた点があるので問題ないのですが、それ以外の理解できない
金融商品を購入すると失敗するのでしょう、おそらく(汗)


【無料】四柱推命(生年月日で)相性診断 相性占い


この記事のまとめ:
・分からないものには手を出さない。
・理解できる対象に絞ることで、投資手法の確立や利益の安定化につながっていく。(=ラクになる)

0 件のコメント:

コメントを投稿