【感想】ラクをしないと成果は出ない

皆さんこんばんは。
以前、「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? 」という本を読んでから、自分の働き方について色々と始めました。
今の延長で働いていると家庭生活を充実させる事ができず、労働に囚われそうだと感じたのです。

今回は、無闇な労働により時間と体力を浪費しないために読んだ本について紹介したいと思います。
労働に関する話は「労働ビジネス」タグにまとめたため、ぜひ過去の記事についてもご参照ください。

1.概要と章立て

「やるべきこと」を圧縮し、「やりたいこと」を拡大する100のアイデア(本の帯より引用)

第1章 基本編
第2章 インプット編
第3章 ネットワーク編
第4章 撃退編
第5章 独立編
第6章 継続編
第7章 組織編
第8章 時間編
第9章 アウトプット編
第10章 生活技術編

2.感想
1項目2ページで、100項目にわたって不要な事を省き、やりたい事に注力するための方法論を解説しています。
1項目が2ページしかないため、各項目の内容を読んで即改善につなげられるような濃い本ではありませんでした。
ですが、各項目の内容は興味深い考え方が多いです。

この本は労働の改善ポイントを見つけるためのヒント的な使い方に適していると思います。
ヒントを読み、そこからの対策に関しては自分で考えていく、そういった気持ちで読む事をオススメします。

3.注目した5項目をピックアップ
本を読みながら、気になった項目についてはページの端を折ってマーキングしておきました。
その中から、5項目をピックアップして紹介したいと思います。

35 NGな人には説明しない。NGな人とはモメない。
説明するのには多大な労力がかかる場合があります。
そのため、説明に値しない人にはそもそも説明しない、チームの中で説明に値しない人がいるならば説明する側に立たせる事を推奨しています。
私は色々と説明したり、説明の準備のために労力をかけがちのため、これを削減しようと思いました。

41 本当に「良いもの」は自分で売ってみる。
モノの売買はビジネスの核となる部分のため、私もやろうと思いました。
一旦、ラクマあたりを試そうかと思います。

67 インセンティブを高める工夫だけで、成果が上がる場合は予想外に多い。
この項目では、「他人のモチベーションを変える事はできない」という説明があります。
まず、モチベーションは変えられないという前提に立つ事が重要だと思います。
その上で、インセンティブにより対応できないか考えてみてはいかがでしょうか。

83 「本格的に勉強したい」分野の仕事を引き受ける。
金持ち父さんにも似たような内容があります。
”学ぶ”ためには仕事をする事が一番手っ取り早いです。
学びたい内容の仕事には率先して手を挙げていこうと思います。

84 アウトプットしないものはインプットしない。
これは最終アウトプットに使わないのなら省略しましょうといった内容です。

分かっていつつも余計な内容まで調べてしまった経験ありませんか?
無駄な労力となってしまう事が多いため、自制して必要な内容に絞りましょう。

この記事のまとめ:
・不要な事を省き、やりたい事に注力するための方法論を解説
・労働の改善ポイントを見つけるためのヒント的な使い方に適している

0 件のコメント:

コメントを投稿